読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドバイス罪を痛感した話

突然ですが、先日私は初対面の人間から「より良く生きる方法を知りたくはないか」と言われました。
今考えをシフトしないとそこそこで終わるとも。

その時感じました。
あ、これ受け入れたら脳が死ぬやつだ、と。


私は別段人からのアドバイスを全て除去しようとは思っていません。
仕事でもプライベートでも参考になることは多々あります。
でも、それは私が相手をよく知り、また相手も私を知っていての話です。
同じ方向を向いているからこそできる話なのです。
さらに言えばそこには自分で考える隙がある。

赤の他人から、ましてや人生観や性格、将来に関することに言及してくるとなれば殊更別で、アドバイスを審議する以前の問題です。
求めていないアドバイスはマナー違反というのも頷けます。

どんなに「責任のとれないことは言わない」と言われたところで土台根本が違います。
責任をとる云々の前に、私の思考過程を奪わないでくれという話なのです。


その人は実績もあり、スキルもあり、成功体験もあります。
それは素晴らしいと思うし、恐らく成功するためのプロセスを教えてもらって実行すれば、同じだけの成功体験が私もできるでしょう。

でもそれはあくまでもその人のものであって、私が求めているものではありません。

私がその人ではない限り、その成功体験に価値を見いだすのは難しいし、逆にその人も私にとっての価値がなんなのか知り得ないのにプロセスを伝授すると言っている時点で、失礼ながらまるで効果の分からない壺を霊験あらたかなモノだよと言って売り付けてくるマルチと変わりません。
「今○○しないと将来大変だよ」等と言われようものなら、最早恐喝と言っても差し支えないでしょう。


自分で思考し、導きだした結論こそが自身にとって価値あるもので、人から教えられてどうこうするものではないだろうというのが私の考えです。

恐らくこれを言うと、視野が狭いだのモチベーションが低いだのその程度で良いなら良いよと言ってくることでしょう。
構いません。アドバイスされて思考力と感情が殺されるくらいならその人たちの言う狭い視野を選びます。
私が目指すのはあくまで私自身で考えて導きだした答えを生かす人生です。


今回、この事で心身共に疲弊して受けなくていいストレスを感じた身として、
あきまん氏の提唱する【アドバイス罪】を拝読して、あぁ、まさにこれ、となった次第です。

そして学生の頃に講師が言っていた「他人を使ってアドバイスと言う名のマスターベーションをするんじゃない」という言葉を身をもって体験しました。

私自身気を付けつつ、そういったひとたちとは距離をとっていきたいものです。

発表した作品の向こう

私の知り合いにはとかく、何故か自分の作品を「極端に」卑下する人が多いです、そして私はそういった発言が苦手です

特に同人誌や商業等で、金銭のやり取りが発生する、つまりは目に見える形で第三者に作品を手に取って貰ったことがある人が、自分の作風や画力を極端に卑下しているのを見ると、ガックリきます
もちろん私も自分の腕はまだまだだと思いますし、凹むこともあればもっと精進しなければという気持ちに押しつぶされそうな時もあります

だからと言って「私の作品ほんと下手くそすぎ」と貶めることにはなりません

その一言は、自分の作品を評価してくれる人間すらも「あなた、こんな下手なものを好きだなんて」という意味をも含んでいると考えているからです

その人の作品が好きで応援したり閲覧したり購入していたのに、作者がやたら「下手」「面白くない」「汚い」と発言していたら
『そうか、私は好きだと思っていたこれは下手で面白くなくて汚いんだ、私はそんなものを好きなのか』
とげんなりしてくることもあります

自分の絵柄や作風に嫌気が指すこともありますし、自暴自棄になることもあります
でも、もし1度でも誰かの感想で鼓舞されたことがあるならば、自分の作品をヘイトする前にどうしたら良いのか考えたいものです

何より、口から出た言葉は本当になっていきますから
下手だと言い続けている限り、恐らく下手になっていくのでしょう

エンターテイメント性の不和

今朝、若い人を中心としたキス動画がテレビで取り上げられていました

また、昨夜はテレビでBLや同人の話を持ちネタとしてアイドルがテレビで熱弁してネット上がざわついていました

このふたつについて、私はおおよそ「すごい良いね」だったり「分かる、とても共感する」といった意見を目にしていません

ほとんどは「隠れてやれ」であったり「勘違いの解釈も甚だしい」といったヘイトだったように思います

 

これは持論ですが、キスをする人もBLが好きな腐女子も、その大半は

自分たちの趣味や行動がエンターテイメントになると踏んでやっているわけではないのに、それをテンプレ化してエンターテイメントとして発信されることに対して嫌悪感を覚えるのではないか

と思っています

 

まずキス動画についてですが、テレビのテロップも「若気の至りか?」などと言う煽りがついているくらい、理解しがたいものとして扱われていました

キス自体は日本では特にですが、夫婦や恋人間でのみ行われる行為で、そもそもが見せびらかすものではないという認識があります

その上で、ドラマや映画で撮られるキス、またはたとえ素人でも企画としてきちんと練られて撮られたキスに対しては、嫌悪感や疑問もそうは湧かないと思います(キスという行為自体が苦手と言う人は除いて)

それは「この映像を見る対象者」を意識しており、その対象に向けて発信されているため、興味のある人のみが反応できるようになっているからでしょう

ですが今日取り上げられたキス動画は、本人たちのためのもの、つまり対象者は自分たちだけであるにもかかわらず、それを全世界に発信するという不可解さが嫌悪の対象になるのではないでしょうか

キス動画を上げる前に、それが一体誰に向けてのモノか考え、そして発表するにふさわしい場所というものをよくよく考えてほしいものです

 

そして同人、BLを好きな『腐女子』をエンターテイメントとして発信すること

昨夜の放送を見ていて、ほんの一部のさらに局所的な思考をさも「これがこの界隈では当然」のように発信すること

これはとてもよろしくないと感じました

これだけ多様化が進んだサブカルチャーの界隈を「オタクはこうだ」「腐女子はこうだ」とテンプレート化することには危機感すら覚えます

腐女子をテレビに出すなとか、そっとしておいてくれと言うようなことを言いたいわけではありません

ただ、発信者の全体数が乏しい中で、こういった局所だけの発言が発信され続けることだけはやめてほしいのです

 

 

最後に愚痴になりますが、私はオタク文化を発信するメディアの姿勢が嫌いです、とても嫌いです

あれだけクールジャパンだ何だと推そうとしていますが、私は未だひとつとして

「こうした人たちが増えていって欲しいものですね」

といったセリフを聞いたことがありません

海外進出していくチェーン店や企業に対しては詳しい分析や多方面からのリサーチをして理解を寄せていますよね

でもサブカルチャーにはどこか「こんな世界もあるんですねー、私には関係ないけど」といったそこか斜に構えた雰囲気を感じずにはいられません

口だけはクールジャパンと言いながら伴わない姿勢、だから嫌いなのです

いまだ古い偏見を色濃く感じてしまって、本当に応援する気があるのなら、まずその雰囲気を払拭してからにしてほしいと願っています

 

 

こわいはなし

今日はまったく趣旨を変えて怖い話を、夏ですし

昔どこかのサイトで見てぞわっとしたものですが、昔話にしろ何にしろ一度見ただけのものを何年たっても覚えているということは自分では希少なので…

その覚えているもののうちのひとつです

怖い話いやだって人は無理せずすっ飛ばしてください

 

 

私たちは修学旅行に山間部の旅館にやってきた

露天風呂や広いラウンジで思い思いに過ごし、いよいよ就寝

私たちの班は4人のグループで、部屋も小ぢんまりとしたもの

2階の端の部屋で、隣は別の班、向かいは物置だった

「もっと真ん中の大きな部屋が良かったね」とか、「いやでも静かで良いじゃん」と話しながら布団に入る

「佐藤さー、唯子のこと好きなんだって!」「この旅館さ、昔火事で人が死んでるらしいよ~怖くない?」なんて雑談しているうちに段々睡魔が襲ってきて、気づけば眠りに落ちていた

 

どれくらい時間がたったか、ふと私は変な音を聞いた気がして目を覚ました

あたりは真っ暗で壁にかかった時計のコチコチという音以外には何も聞こえない

気のせいかともう一度寝なおそうとすると、今度ははっきりと

「ドンドンドン」

と、壁を叩くような音が聞こえた

「えっ?」と思って布団の中から音のした方を見ると、そちらにはドアしかなかった

「ドンドンドン」

激しい殴打の音に、先生が緊急の知らせをしに来たのかと思ったが声をかけてくる様子はない

いたずらか、そう思って起き上がってドアののぞき穴から外をうかがったが、そこには誰もいない

布団に引き返して寝なおそうとする、だが

「ドンドンドン」

再び殴打の音が響いた、今度はもっと強く激しい

「ドンドンドンドン」

と、そこでふと気づいた

 

何でこんなにうるさいのに誰も起きないの?

 

私は急に恐ろしくなった

「ドンドンドンドン」

ドアを叩く音が異様なくらいに強くなる

だがやはり誰も起きない、身じろぎすらしない

その間もドアを叩く音は止まない

すっかり怖くなった私は頭からすっぽり布団をかぶってぎゅっと目をつむり、ひたすら朝が来るのを待った

 

そのまま気を失っていたのか、朝になっていた

「ねぇ、…ねえ!」

目を開けると、隣の子が心配そうにこちらを覗き込んでいて、ぐっしょりと汗をかいていることに気付いた

そこで起きてきた他の子にも昨夜起きたことを話した

 

「いや、ホント怖くて…あ、でもドアは開けなかったよ」

そこまで言うと、一人の顔がさっと青くなった

 

「?…どうしたの?」

私たちは顔色の悪くなった友達を見ながら首を傾げる

 

「あ、あのさ…私が昨日この旅館で火事があって人が死んだって…覚えてる?」

 

何の話かと思ったが、私たちは顔を見合わせて頷いた、そう言えばそんな話もしていたなと

だがその子は震えが止まらない

 

「それがどうしたの?」

「だから!!」

声を荒げる友達、と、ふと私を覗き込んでいた子が何かに気付いたのか「あっ」と声を上げて血の気の引いた顔をした

 

もう一人と私はわけのわからない焦りで「だから何!?」と聞き返す

すると、隣の友人がだから…と青い顔で言った

 

「火事で…亡くなったんだよね…その人」

「うん…」

「……その人、もしかしてこの部屋で亡くなったんじゃないの…?」

 

そこまで言われて私ともう一人も気づいた

4人で言葉を無くす

 

つまり、私が昨夜聞いたドアを激しくたたく音、それは外から叩いていた音ではなく…ずっとこの部屋に…

画面の向こうには人がいる

さて、今日もTLをボーっと眺めていたわけですが、夕方過ぎごろいきなり不穏な気配が漂い始めました

どうやら刀剣乱舞のキャラクターの数値、種類が変更された様子

新リソースで対応できなかったのかとか、種類をわざわざ変更する必要はあったのかなど今回ゲーム自体については割愛します

私が「えっ・・・」となったのは私がフォローしている方が公式アカウントの報告ツイートに激しく噛み付いて罵倒していたこと

それを見かけた私は思わずこう感じました

この人、量販店とかで店員に礼儀も人としてのモラルも無く罵詈雑言浴びせる理不尽なクレーマーと同じだ

恐らく誰もが家電量販店やデパートなどで一度は目にしたでしょう、あの嫌な気持ちと品性を疑った目で見てしまう、あのクレーマーです(商品に対してきちんとした不満を持つものとは別儀とします)

ですが恐らく公式アカウントに対して罵倒の言葉を投げかけた人の大半はそんなクレームなどしたことが無いでしょう

何故アカウントに激しく噛み付くことが出来たのか

それは彼らがアカウントに対して『無害な無言のご意見番』だと考えているからでしょう

なんというご都合主義なのでしょう

公式アカウントは確かに個人的な罵倒にわざわざ返事を返すことは少ないです(もちろん企業にもよりますが)

ですが、その罵倒の先には人間がいます

量販店で恐らく初対面であろう店員にいちゃもんをつけるクレーマーとどこが違うのですか?

どこも違いませんよね?

 

大半の人間が冷たい目を浴びせ、卑下する種類の人間になってまでその罵倒は吐き出すべきだったのでしょうか?

一人でなんとなく呟いている分にはそれは「独り言」であり「個人の感想」です

ですが、誰かにそれを投げた時点で、それは最早個人の手の中で転がしていたものではありません

『意見』です

意見の先には人がいます、自分が見知らぬ人間にいきなり罵詈雑言吐かれたらどうですか?いやでしょう、当たり前です

たとえその言葉の中身が商品に対しての不満だったとしても

相手には正しく届きません

その棘だらけの言葉を吐き出す前に、もう一度考えてください

それは必ず、自分に返ってきます

トリックオアトリートの件

スカウトマンとしてサッカー協会に所属している西澤淳二が六本木にあるBARトリックオアトリートで2月に器物損壊の事件を起こしましたね

刑事事件に発展したことでもう個人でどうこうする段階は過ぎているわけですが、この西澤という人物の言い分を見ていると「ん?」と思う部分がありました

 

今の日本なら、犯罪が起こったら自分の所属が公表されるのは当前で、それをさも相手の過失のように言うのは短慮すぎやしないか

 

サッカー協会に帰属している限り自分は不可視の大きな存在に守られているというまったく根拠のない意識が透けて見えるのに、自分は協会に所属している人間としての模範的行動がまったく取れていないという、『悪しき日本の帰属意識』が形になったかのような行動に眩暈がしました

事件が起これば追及されるのは当たり前で、それを恐喝などと取るのはあまりに短絡的

やましいことがないのであれば自分の行動を客観的に、またデータとして提出するべきなのではないかと素人の私でさえ分かることを私よりも人生経験があるはずの人間ができていない

 

果たしてこの裁判の行く末がどうなるのか、見守っていきたいところです

『いいモノを見極められる目』と『それを論ずる能力』は評価する側に最も求められる

少し前にツイ4の座談会がひどいと炎上しましたね

何が良くないのかについては色んな人が論じていますが『コメントの質が低すぎる』ということがほとんどだったでしょうか

私も拝見しましたが、本当にその通りでした

 

評価と銘打つのであれば、その内容はあくまでも自分が改善すべき要点が見つけられるアドバイスであるべきです

同じサブカルチャーの制作現場の人間として、「センスがない」「こんなデッサンはありえない、汚すぎる」などの辛辣な言葉はかけられたことも、別の人間にかけているところも見たことがあります

 

ですが、言われた側は相手の本質を見極めようとします

相手が自分より技量も人間としての器も大きく、そして同じ方向を向いているのならば、間違いなく信じられるアドバイスとして、どんなに辛い言葉であろうとも受け止めようと努力するでしょう

 

今回の『座談会』はどうだったでしょうか

あのコメントに有用性、尊敬に値する人物像をくみ取れた人はいたでしょうか

おそらくいないでしょう

 

 「自分たちは作品をジャッジする側だから、口悪くコメントしても問題ない」

そんな幻想さっさと捨てていただきたい

それに、そんなコメントができる人物は、それに見合った技量と、それを鋭く切り込む論ずる力がある人だけだと思っています

結果的にそれが辛辣であったり、辛いコメントとして取られるだけのことです

 

あなたは評価するプロですか?

良いものを見極められる目を持っていますか?

それを正しく相手に伝えられる能力をきちんと持っていますか?

選ぶ側だからと高慢になっていません?

 

監修に関わる人間に、また関わる全ての人に言える問題だと感じました