アドバイス罪を痛感した話

突然ですが、先日私は初対面の人間から「より良く生きる方法を知りたくはないか」と言われました。
今考えをシフトしないとそこそこで終わるとも。

その時感じました。
あ、これ受け入れたら脳が死ぬやつだ、と。


私は別段人からのアドバイスを全て除去しようとは思っていません。
仕事でもプライベートでも参考になることは多々あります。
でも、それは私が相手をよく知り、また相手も私を知っていての話です。
同じ方向を向いているからこそできる話なのです。
さらに言えばそこには自分で考える隙がある。

赤の他人から、ましてや人生観や性格、将来に関することに言及してくるとなれば殊更別で、アドバイスを審議する以前の問題です。
求めていないアドバイスはマナー違反というのも頷けます。

どんなに「責任のとれないことは言わない」と言われたところで土台根本が違います。
責任をとる云々の前に、私の思考過程を奪わないでくれという話なのです。


その人は実績もあり、スキルもあり、成功体験もあります。
それは素晴らしいと思うし、恐らく成功するためのプロセスを教えてもらって実行すれば、同じだけの成功体験が私もできるでしょう。

でもそれはあくまでもその人のものであって、私が求めているものではありません。

私がその人ではない限り、その成功体験に価値を見いだすのは難しいし、逆にその人も私にとっての価値がなんなのか知り得ないのにプロセスを伝授すると言っている時点で、失礼ながらまるで効果の分からない壺を霊験あらたかなモノだよと言って売り付けてくるマルチと変わりません。
「今○○しないと将来大変だよ」等と言われようものなら、最早恐喝と言っても差し支えないでしょう。


自分で思考し、導きだした結論こそが自身にとって価値あるもので、人から教えられてどうこうするものではないだろうというのが私の考えです。

恐らくこれを言うと、視野が狭いだのモチベーションが低いだのその程度で良いなら良いよと言ってくることでしょう。
構いません。アドバイスされて思考力と感情が殺されるくらいならその人たちの言う狭い視野を選びます。
私が目指すのはあくまで私自身で考えて導きだした答えを生かす人生です。


今回、この事で心身共に疲弊して受けなくていいストレスを感じた身として、
あきまん氏の提唱する【アドバイス罪】を拝読して、あぁ、まさにこれ、となった次第です。

そして学生の頃に講師が言っていた「他人を使ってアドバイスと言う名のマスターベーションをするんじゃない」という言葉を身をもって体験しました。

私自身気を付けつつ、そういったひとたちとは距離をとっていきたいものです。

画面の向こうには人がいる

さて、今日もTLをボーっと眺めていたわけですが、夕方過ぎごろいきなり不穏な気配が漂い始めました

どうやら刀剣乱舞のキャラクターの数値、種類が変更された様子

新リソースで対応できなかったのかとか、種類をわざわざ変更する必要はあったのかなど今回ゲーム自体については割愛します

私が「えっ・・・」となったのは私がフォローしている方が公式アカウントの報告ツイートに激しく噛み付いて罵倒していたこと

それを見かけた私は思わずこう感じました

この人、量販店とかで店員に礼儀も人としてのモラルも無く罵詈雑言浴びせる理不尽なクレーマーと同じだ

恐らく誰もが家電量販店やデパートなどで一度は目にしたでしょう、あの嫌な気持ちと品性を疑った目で見てしまう、あのクレーマーです(商品に対してきちんとした不満を持つものとは別儀とします)

ですが恐らく公式アカウントに対して罵倒の言葉を投げかけた人の大半はそんなクレームなどしたことが無いでしょう

何故アカウントに激しく噛み付くことが出来たのか

それは彼らがアカウントに対して『無害な無言のご意見番』だと考えているからでしょう

なんというご都合主義なのでしょう

公式アカウントは確かに個人的な罵倒にわざわざ返事を返すことは少ないです(もちろん企業にもよりますが)

ですが、その罵倒の先には人間がいます

量販店で恐らく初対面であろう店員にいちゃもんをつけるクレーマーとどこが違うのですか?

どこも違いませんよね?

 

大半の人間が冷たい目を浴びせ、卑下する種類の人間になってまでその罵倒は吐き出すべきだったのでしょうか?

一人でなんとなく呟いている分にはそれは「独り言」であり「個人の感想」です

ですが、誰かにそれを投げた時点で、それは最早個人の手の中で転がしていたものではありません

『意見』です

意見の先には人がいます、自分が見知らぬ人間にいきなり罵詈雑言吐かれたらどうですか?いやでしょう、当たり前です

たとえその言葉の中身が商品に対しての不満だったとしても

相手には正しく届きません

その棘だらけの言葉を吐き出す前に、もう一度考えてください

それは必ず、自分に返ってきます

声に出してはいけないのか

今日はもうひとつ、少し前に騒ぎになっていたアプリゲームのイラストレーターにユーザーが直接意見して炎上していたことについて

ユーザー側もおいおいちょっと、と思う節はありますが今回は割愛

私がかなり疑問に思ったのはその炎上を見て「プロに絵の指摘するとか何様!?」と憤っていた人たちの方

(ここではプロはデザイン制作を本職としている人たちと定義します)

 

ただプロと言うだけで無条件に崇める姿勢はいかがなものか

と言いたい

プロだってミスります

 

仕事柄、ゲームのイラストやデザインをしたり、監修の手伝いをすることがあるのですが、たとえ絵を描かない素人でも一目で「これには金を払いたくない」と思われてしまう作品を上げてしまう人だっています

または企業側がGOサインを出しても、ユーザーに受け入れられないことだってあります

 

そこに「もっとこうして欲しい」と要望を声にすることは、消費者の権利であり、制作側にも有益なことが多々あります

(もちろん、ユーザーが声に出す権利があるように、受け取る側にもそれが批評かただの個人の我儘かを精査する権限があるので、対応するかどうかはそれはまた別の話です)

 

そもそもプロに素人が口を出すな、なんて言ってしまったら世の中回りませんよ

基盤や通信のことなんか詳しくなくても、使い勝手の悪いスマホを手にしてしまったら改善を求めて要望を言うでしょう?

 

 

あの騒動でまなじり釣り上げてプロに口を出すなと語気強く吐き捨てていた人たちは、おそらくその大半が絵に心得があるか、自分も絵を描く人たちでしょう

 

ですが、その中にアプリゲームのイラストを作成するフローを理解している人たちは何人いるでしょうか?

プロの彼らにとってユーザーは客であり、果たしてクレームなのかただの我儘なのか、商品提供側の目線を意識して発言した人は何人いるでしょうか?

 

絵描きとは狭い世界にこもりがちです

自分がされて嫌なことは全てが強大な悪に見えがちです

たとえそれが自分ではない人に起こったことでも

 

まずは落ち着いてください、そして今一度相手の目線を意識して問題を考えてみてください

 

 

「苦手だから見ない」はもったいない

先に言っておきます、私はタイトルの文言はそりゃ違うよねって思ってます

ツイッターなんかを流し見してると

「●●(作品名)の絵柄が苦手で見ないって人ほんと損してる」とか

「単に子供向け(大人向け、もしくは特定のターゲット層に向けた作品)だからってだけで見ないのはかわいそう」

なんかのツイートが結構流れてきます

 

え、それ違うくない?

 

私はそれを見て「とんだ思想の押しつけだ」と感じたわけです

『自分に向き不向きの情報を取捨選択しているのに第三者が自分の趣味趣向でずかずか物申して挙句、勝手にかわいそうだなんだと卑下される』

なんだそりゃ

絵が苦手、話が苦手、ファンの雰囲気が苦手

ヘイトの感情がおこるものを嫌煙するのは当たり前のことじゃないんですか?

人間自分に都合のいいものを選ぶのは当たり前の行動じゃないんですか?

当たり前の行動をしているのにそれを見下されるのは相当なストレスです

 

もし自分の好きな作品のファンを増やしたいなら、「見ないなんて勿体ない」よりも「自分はこの作品のアレコレが好きだけど、もしよかったらあなたもどう?」くらいで、あくまで相手の選択肢の一部として提案するくらいの姿勢でいましょうよ

 

あなたの好きなものを相手も好きとは限りません