エンターテイメント性の不和

今朝、若い人を中心としたキス動画がテレビで取り上げられていました

また、昨夜はテレビでBLや同人の話を持ちネタとしてアイドルがテレビで熱弁してネット上がざわついていました

このふたつについて、私はおおよそ「すごい良いね」だったり「分かる、とても共感する」といった意見を目にしていません

ほとんどは「隠れてやれ」であったり「勘違いの解釈も甚だしい」といったヘイトだったように思います

 

これは持論ですが、キスをする人もBLが好きな腐女子も、その大半は

自分たちの趣味や行動がエンターテイメントになると踏んでやっているわけではないのに、それをテンプレ化してエンターテイメントとして発信されることに対して嫌悪感を覚えるのではないか

と思っています

 

まずキス動画についてですが、テレビのテロップも「若気の至りか?」などと言う煽りがついているくらい、理解しがたいものとして扱われていました

キス自体は日本では特にですが、夫婦や恋人間でのみ行われる行為で、そもそもが見せびらかすものではないという認識があります

その上で、ドラマや映画で撮られるキス、またはたとえ素人でも企画としてきちんと練られて撮られたキスに対しては、嫌悪感や疑問もそうは湧かないと思います(キスという行為自体が苦手と言う人は除いて)

それは「この映像を見る対象者」を意識しており、その対象に向けて発信されているため、興味のある人のみが反応できるようになっているからでしょう

ですが今日取り上げられたキス動画は、本人たちのためのもの、つまり対象者は自分たちだけであるにもかかわらず、それを全世界に発信するという不可解さが嫌悪の対象になるのではないでしょうか

キス動画を上げる前に、それが一体誰に向けてのモノか考え、そして発表するにふさわしい場所というものをよくよく考えてほしいものです

 

そして同人、BLを好きな『腐女子』をエンターテイメントとして発信すること

昨夜の放送を見ていて、ほんの一部のさらに局所的な思考をさも「これがこの界隈では当然」のように発信すること

これはとてもよろしくないと感じました

これだけ多様化が進んだサブカルチャーの界隈を「オタクはこうだ」「腐女子はこうだ」とテンプレート化することには危機感すら覚えます

腐女子をテレビに出すなとか、そっとしておいてくれと言うようなことを言いたいわけではありません

ただ、発信者の全体数が乏しい中で、こういった局所だけの発言が発信され続けることだけはやめてほしいのです

 

 

最後に愚痴になりますが、私はオタク文化を発信するメディアの姿勢が嫌いです、とても嫌いです

あれだけクールジャパンだ何だと推そうとしていますが、私は未だひとつとして

「こうした人たちが増えていって欲しいものですね」

といったセリフを聞いたことがありません

海外進出していくチェーン店や企業に対しては詳しい分析や多方面からのリサーチをして理解を寄せていますよね

でもサブカルチャーにはどこか「こんな世界もあるんですねー、私には関係ないけど」といったそこか斜に構えた雰囲気を感じずにはいられません

口だけはクールジャパンと言いながら伴わない姿勢、だから嫌いなのです

いまだ古い偏見を色濃く感じてしまって、本当に応援する気があるのなら、まずその雰囲気を払拭してからにしてほしいと願っています